クレジットカードを便利に活用

クレジットカードを便利に活用

クレジットカードのポイントは預金金利と同じ

クレジットカードは、便利なもので手持ちのお金がなくとも後払いで使用でき、お金の支払いを待ってくれるだけでなく、ほとんどのものには特典としてポイントがつきます。このポイントにはいろいろあり、現金や電子マネー、商品に買えることができお得感があります。中には、1%以上の高額のポイントもつくところもあります。1%はこの低金利の時代には、いいです。100万円定期預金してもせいぜい2000円ぐらいの金利しかつかないこの状況で、100万円の利用で1万円の価値がもらえるとはすごいと思います。変な言い方に思えたかもしれませんが、年間100万円ぐらいは、上手に使えばクレジットカードでも可能です。というのも光熱費の電気ガス携帯電話、ネット使用料、新聞代など毎月必ず払う分を足すと家庭でも7万円ぐらいになり、あとカードの使えるスーパーやディスカウントストアで食材などを買えば使うので、何もポイント欲しさに無理に使うことなく月8万円ぐらいの引き落としになれば、年間に100万円になり1万円の利息をえたのと同じことになります。このように家庭の中でクレジットカード決済が可能で無駄遣いでなく必要遣いのものはまとめたほうがいいです。そして利息に値する分を得するために年会費無料のクレジットカードをもったほうがいいです。

クレジットカードの大きなメリット

クレジットカードは現金を要さずとも買い物ができるため、高額な買い物などで利用される方が多いのが現状です。
しかし、最も大きなメリットとなるのが利用金額に応じたポイントバックでしょう。
だいたい利用金額の0.5%・2%程度が様々なポイントでバックされ、汎用性の高いポイントであればほぼ現金と同等と考えてもよいため、使えば使うほどお得になります。
そして、最近ではどこの店舗でもクレジットカードによる精算が可能となるため、高額な買い物ではない食品や日用品の利用などが可能となります。

そして、電気代や電話代、保険といった固定費の支払や、通信販売の支払にも利用することが可能ですので、最低でも1枚は用意しておくことで非常に便利でしょう。
クレジットカードは年会費が必要なものと無料のものがあり、年会費が必要なものほどポイントバックの還元率が高くなる傾向にあります。
還元率が1.5%を超えるカードはほとんどが年会費が必要になりますが、年間50~100万程度利用すればその年会費分をペイできさらにお得に利用できるものが大半となります。
現金の利用をせずカード精算を極力行うことでだいたいはクリアできるため、より還元率の高いカードを選択することが重要です。

Valuable information

貸会議室 東京駅
http://www.officetokyo.net/
サバイバルゲーム 千葉
http://www.greenzone-chiba.com/
オリジナル マグカップ
http://www.mugmate.com/
懐中電灯
http://goodtoku.com/
軽井沢 不動産
https://www.shinkofudousan.jp/
専門書の買取
http://www.bookriver.jp/
アレルギーにやさしいネイル
http://reale160.com/

Last update:2016/8/31